バルセロナの寮と派遣社員の寮

コンテンツ vol.2

前回掲載した「寮費無料」に引き続き、今回も寮についてお話していきたいと思います。

私はサッカーが好きということもあり、特にバルセロナがお気に入りのチームなのでバルセロナの寮についてお話していきます。

 

◆バルセロナってどんなチーム?

世界でも名実ともにトップといわれるバルセロナ。2018-19シーズンでも国内リーグ優勝を果たし通算リーグ優勝回数が26回と、レアルマドリード(33回)に次ぐ2番目に多い優勝回数を誇ります。欧州の世界1のクラブを決める「UEFA チャンピオンズリーグ」でも5度の優勝経験があるなど、超名門クラブです。

 

◆バルセロナの育成組織

そんなバルセロナには下部組織(カンテラ)があり、キッズや若い選手を育てる育成組織というものがあります。今では世界トッププレーヤーに上り詰めた“リオネル・メッシ”や、日本のクラブに移籍し注目を集めている“アンドレス・イニエスタ”もバルセロナの下部組織出身なのです。FIFAバロンドールといって世界年間最優秀選手を決める賞があるのですが、2010年FIFAバロンドールの最終候補3人に残った全員が、当時バルセロナ所属で、かつバルセロナの下部組織出身であった(メッシ・イニエスタ・シャビ)。なぜバルセロナの育成選手が世界トップレベルの選手を多数輩出するのか。

 

◆バルセロナの強さに隠された選手寮の厳格な規則

バルセロナのトップチームに昇格した選手は年俸もある程度もらえるため、自宅を購入し寮を出ていくが、下部組織に所属している選手はそこまでのサラリーはなく、実家から通っている、もしくは寮で生活している。そしてこの寮や下部組織の厳格なルールにこそバルセロナの強さが隠されているのだ。

その厳格なルールとは、

 

・集合時間厳守

・寮の門限厳守

・勤勉であること

・喧嘩などを起こさない(豊かな人間性であること)

・他への配慮をすること

ざっくりまとめましたが、時間に遅れる、テストの点が悪い、何か不祥事を起こすなど規則を守れないものに関しては即刻退寮だそうです。バルセロナの若手選手が入る寮は、サッカーだけでなく勉強や人間性も徹底的に教育することが特徴です。「ただサッカーが上手くなればいい」という考えがこの育成組織にはなく、サッカー以外の道を歩む子供たちも社会に出たときに困らぬような教育を徹底しているのです。

余談ですが、バルセロナの寮に備え付けられているベッド、枕や掛け布団がバルセロナのロゴがたくさん入ったものなのです!メッシやイニエスタがそんな布団に入っていたと思うと・・・少し面白い感じがします(笑)。

そして弊社ディーピーティー株式会社の教訓に「私は目配り気配りのできる人間になります」とあるので、バルセロナの寮と全く同じです。

◆工場の寮との関係性

これまでバルセロナの寮についてお話してきましたが、私がなぜこのようなコラムを書いたかということですが、今では信じられないほどの高年収を得ているメッシやイニエスタも、門限を定められ、行動を制限されるといった苦労した時があるということです。派遣社員の寮は、

 

・門限なし

・勤務時間は厳守

・勤勉でなくても自由に時間を使える

・喧嘩も起こしてはなりません

 

とバルセロナの寮の境遇に比べれば制限はなく自由ですが、自分にストイックであることが将来の自分を楽にする最大の方法なのだと世界のトッププレーヤーが身をもって証明しました。なので私含めこのコンテンツを見た皆さん、自分にストイックになりましょう!そして一緒にメッシのようになりましょう!

 

 

コンテンツ vol.2
© 2019 dpt All Rights Reserved.